アクセスランキング
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ranking…

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
造成工事の流れ
2006 / 03 / 11 ( Sat )
昨日、土入れの作業があるとダンプの運転手さんから聞いていたので、
オレンジとうちゃんあざ美は現場に差し入れを持って行って来ました。

『あれ?動いてないねぇ… 誰もいないし…』
『隣に挨拶に行くか…』
『そだね、そうしようか…』
ということで、とりあえずお隣に手土産持って挨拶…
その後、現場をちょっと見てから帰宅。

『この時間で動いてないから、たぶん今日はないと思うけど、1回覗いてね。』
『時間みて、覗いてみる。』

ということで、忘れかけた夕方に再度現場へ行ってきました。

すると、誰かが現場で筒を持って何かしていました…
筒の正体は、分筆後の境界線がわかるように保護しておくものでした。

『こちらの土地の方ですか?』
『そうですけど…』
『私、○○(元請の会社名)のSと言います。』
『お世話になります。造成工事のことは父に任せきりだったのでよく分からなくて…』
と、初めてご挨拶…
その後、ようやく工事の流れを聞きました。

土入れ


畑部分と同じ高さ(つまり隣地と同じです)で土入れ
  ↓
土を寝かせる
  ↓
隣地との堺と南側の開いているところにブロックを積む
  ↓
もう一度、転圧しながらブロック周りの聖地
  ↓
宅地部分に40cmの盛り土

だそうです。

右のほうにある木は、父の指示で元々畑にあった木を抜いたものでした。
この木は、後に畑の整地が終わったら また、植えられるのだそうです。

畑部分は、今まで使っていた畑の土をならして終わりなのでそうです。
他の土は一切使わず、隣地の高さまでくるそうです。

右奥の開いている部分にはコンクリートの擁壁(ようへき)ではなく、
擁壁用ブロック(2mまで擁壁できるブロック)に鉄筋を入れて
コンクリートを流し込んで作ることになりました。
普通のブロックよりお値段は高くなりますが、頑丈とのことです。
コンクリート擁壁にも負けないけれど、お値段はちょっと安くなるとのことでしたので、それでお願いしました。

道路面に斜めに盛られた土(宅地部分)は、ユンボやダンプが入るためにやったものだそうです。

転圧に関しては、転圧の器械が1tくらいなのでそれで固めるよりも
何倍もの重さのユンボでちょっとづつならしながら整地したほうが
重さもあるし、5cmくらいづつ転圧になるので、その方法でいくそうです。

井戸掘削工事(市の上水道が通っていないため)は土を寝かせている間に
やることになりました。
なので、井戸掘削工事の手配を父にお願いしました。

だいたい、こんな感じの造成工事の流れだそうです。
造成工事が完了するのは、4月上旬のようです。
スポンサーサイト
Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 12 : 34 | [終了工事]造成工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<造成工事 | ホーム | 土入れの様子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gifusunflower.blog44.fc2.com/tb.php/36-962fb255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。