アクセスランキング
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ranking…

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
旧公団住宅2軒解体
2006 / 03 / 06 ( Mon )
おひな祭りの日の中日新聞に『桃花台で地盤沈下』のタイトルで記事が載っていました。

桃花台ニュータウン…
名古屋市を中心とする住宅・宅地需要に対応し、愛知県が
小牧市の東部丘陵地帯約320ヘクタールで1972年から開発。
98年度に事業を終えた。
2月1日現在、9015世帯、27,757人が入居している。


愛知県が造成した小牧市の桃花台ニュータウンで、当時の住宅・都市整備公団(現・都市再生機構)が建売住宅を販売した一角(百七軒)のうち、
ニ軒が地盤沈下のため取り壊され、周辺の二十数軒で建物や地質の調査が始まっていることが分かった。
沈下の原因はまだ解明されていないが、責任の所在をめぐって機構側と県の
主張が対立している。
住宅二軒は当時の公団が一九八八年に販売した。
同機構中部支社によると、二〇〇一年に二軒から『家が傾いてきた』との苦情が寄せられた。
最大で八.八センチの沈下が確認され、油分が地下四~八メートルの地層で見つかったという。
機構は地盤改良などの検討に入ったが、沈下は一向に収まらず
最終的に買い取ることで合意。
二軒は昨年夏までに立ち退いた。
しかし、その後も周辺住民から『ふすまや窓の締まりが悪い』などの声が相次ぎ、機構は昨秋に調査を開始。うち数軒で立ち退いた二軒と同程度の沈下が確認され、機構は油分を拭くんだ軟弱地盤が沈下の原因とみてボーリング調査に乗り出した。
県によると、一帯の土地は廃棄物処理を営んでいた個人から小牧市を介して
一九七一年に購入。
沈下が起きたのは傾斜地に土を盛って造成した場所で、一九八三~八五年の造成時には、土中にあった廃棄物とみられる「大量の粘土」を除去したとしている。
一方、機構と住民には『完全に取り除けなかった部分があるかもしれない』と説明。粘土の詳しい成分や油分との関係は『当時の資料が残っておらず分からない』と話している。機構側は『販売責任から住民には誠心誠意対応する』とする一方、『造成地の購入時、県からは大量の廃棄物が持ちこまれた場所だったとは聞いていない』として住民への補償分を県に請求する考え。提訴も視野に入れている。
県住宅企画課は『土地売買の際、資料のやりとりはあったはず。当時の公団には住宅の売り手として地盤をよく調べる義務があり、必要な基礎を施せば防げた』と主張。
『基礎を頑丈にした近隣住宅では問題が起きていない』と指摘している。


以上、中日新聞より抜粋

一九八八年に販売されてから、『家が傾いてきた』との苦情が寄せられるまでの間はたったの13年です…
まだまだ、建物本体は傷んでいないはずです…
地盤改良工事がちゃんと施されていれば、解体になることもなかったでしょう…

また、地盤保証がつくのは10年です…
今回は都市再生機構が販売した物件ですから、対応していただけそうですが、
これが悪徳業者だったり、倒産してしまっていたりしたら…
と考えると怖いですね…

建売住宅を購入する時は、『他県の会社が販売されている物件はやめたほうがいい』と聞いたことがあります。
それは、売り逃げ(売るだけ売って、アフターフォローなし)をすることがあるからだそうです。
他県の会社が全て売り逃げするということではありません
が、気をつけたほうがいいというアドバイスを1回目のマイホーム購入の際いただきました。
スポンサーサイト
Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 39 : 18 | [土地購入前に]地盤 | トラックバック(1) | コメント(7) | page top↑
<<風水診断 ~ 3 ~ | ホーム | 造成について>>
コメント
--おはようございます--

(本日当直明けでコメント書き込みさせていただいております)

こういったニュースをみると、家を建てた者として「これがウチだったら…」と想像すると怖くもあり憤りも感じます。
立ち退かれたお宅も、夢いっぱいに建てた家でしょうし、13年という年月に思い出もあるでしょう。たった13年しか…とも言えるかもしれません。心が痛みます。
by: GM * 2006/03/07 09:25 * URL [ 編集] | page top↑
--GMさんへ♪--

こういうニュースを見ると怖いですよね…
我が家もこれから造成なので、気をつけないと…
我が家の造成工事をしていただく業者さんが
施工されていた他の現場で父が見てきて
ショベルカーで転圧していたという話なので、
地盤改良をしっかりやらないといけないようです。

地盤調査、地盤改良は大切ですね。
by: あざ美 * 2006/03/07 12:06 * URL [ 編集] | page top↑
--GMさんへ♪--

財方についてですが…
玄関の位置によって方位がかわってきますので、
よろしければ、風水診断 ~ 1 ~を見ていただくと載せてあります。
by: あざ美 * 2006/03/07 20:42 * URL [ 編集] | page top↑
--トラックバック--

こんにちは。私は、桃花台に住んでいます。

私が住んでいる地区ではなかったので、ほっとしているのですが、それでも、「自分の家が傾かない」という保証はないので、ちょっと不安です。

>今回は都市再生機構が販売した物件ですから、・・・これが悪徳業者だったり、倒産してしまっていたりしたら…

ぞっと、しますね。もしそうだったら、最悪です。

あと、こちらの記事に、トラックバックさせてもらいました。
by: kyu3 * 2006/03/08 00:51 * URL [ 編集] | page top↑
--kyu3さんへ♪--

初めまして。
書きこみありがとうございます。

地盤について、あざ美も色々調べた際に『地盤保証検査協会』のサイトにたどり着きました。
そちらでは、地盤のことでメールや電話で相談に乗っていただけるそうです。

http://www.kensa.co.jp/

よろしかったら、一度のぞかれてはいかがでしょうか。
by: あざ美 * 2006/03/08 13:13 * URL [ 編集] | page top↑
--コメント、ありがとう--

こんにちは。私の blog の方に、わざわざコメントしてくれて、ありがとうございます。

>地盤について、・・・一度のぞかれてはいかがでしょうか。

早速、覗いてみます。(^^)/
by: kyu3 * 2006/03/09 00:44 * URL [ 編集] | page top↑
--kyu3さんへ♪--

こちらこそ、またお越しいただいてありがとうございます。

頑張って下さいね。
by: あざ美 * 2006/03/10 15:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gifusunflower.blog44.fc2.com/tb.php/31-82554cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
桃花台ニュータウンで、地盤沈下 - その4
「愛知県庁 住宅企画課」に、メールで問い合わせたところ、「地盤沈下」が起こっている地域は、「桃花台ニュータウン」南部の、「城山地区」にあるそうです。なので、この件を書いた記事の名前も、「桃花台で、地盤沈下」に、変更しました。不思議なのは、「中日新聞」が、 桃花台新聞【2006/03/08 00:47】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。