アクセスランキング
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ranking…

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
木工事(大引き)
2006 / 07 / 05 ( Wed )
着工46日目:木工事16日目
今日は1日雨…
雨だし、今日はお休みでしょう…

現場についてみると…
いつもより車が多い!!
差し入れのジュース、足りないかも…


雨のため、今日は調湿ウッドパネルの施工はお休み…
でも、他の作業があるんですね。
山喜建設本社から2人作業員さんがいらっしゃってました。
そして、水抜き口にセメントを入れて塞いでくださいました。
(水抜き口は配筋時に作られました)
水抜き
1階部分に調湿ウッドパネルが施工されて、雨が入らなくなったので
基礎に雨が溜まって”洪水”になることがなくなったためです。
この水抜き口はそのままにされる方もいれば、我が家のようにセメントで塞ぐ方もあります。

そして、基礎の気になるところも今日直していただけました。
写真がイマイチですが、基礎の気になるところをはつった(掘った)ところです。
基礎
そして、水をかけて接着性を良くしてからセメントを入れてもらいました。
基礎

大工さん2人は大引きを作ってくださいました。
大引き(おおびき)

大引き(おおびき)の下にある金属は床束(ゆかづか)です。
山喜建設の床束はスチール製です。
ジャッキー機能で床の水平精度を高めることが出来るそうです。

大引き(おおびき)・床束(ゆかづか)
木造の床組み部材で、根太を支えるための横架材。
一般的には9~12cm角程度の木材が使用されています。
90cm間隔程で土台などに架け渡されます。(これを大引き(おおびき)
木造1階部分の床組み部材で、大引きを支える架材。
断面寸法が9cm角程度で90cm間隔に設けられる短い角材。
最近はプラスチック製や金属製がある。(これを床束(ゆかづか)

床束はまだ宙ぶらりんの状態…
とりあえず、大引きを入れた後、レベラーで高さを均一にして
床束と基礎の間に接着剤をつけて固定するんだそうです。

緑色のビニールテープのようなもの…
これは、基礎と土台の間にある防湿シートと同じものです。
なぜに防湿シートが…
と思ってキョロキョロしていると…
『これは、幅木と床の間から風が入りこまないようにサッシが入るところ以外、
つまり壁のところにはシートをかませるんですよ。』

へー…
『そういえば、今の賃貸(築3年某大手ハウスメーカー建築)は風が強い時に
窓を全部閉めても風が入ってきますよ!!』

『そうそう、そういう風が入らないようにシートを入れるんですよ。』
なるほどね~
冬の隙間風が寒かったっけ…

防湿シートを施工した後、木材で更に固定されていくようです。
スポンサーサイト
Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17 : 33 : 03 | [終了工事]木工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<1台で4役もこなすもの | ホーム | 木工事(調湿ウッドパネル工法)>>
コメント
----

あざ美さん、そちらは雨どうでしたか?こっちはかなり強かったです。
大工工事って自分のうち以外にみることがないから、なにもかも、新鮮で、たのしいですよね。いろんな技術が駆使されててすごいなあ、と感心しきりです。
by: pontaro * 2006/07/05 19:31 * URL [ 編集] | page top↑
--pontaroさんへ♪--

今日の岐阜は雨が降ったり止んだりの1日でした…
葉山はかなり強かったんですか…
現場に行ったり来たりが大変だったでしょう…
お疲れ様です。

色々な方の家づくりを見ていると
色々な工法があって新鮮ですね♪
新しい発見や感心することがあって
楽しいです。
pontaroさんのお宅の建具や
テーブルのことなど新しい発見でした。
これからも記事、楽しみにしています♪
by: あざ美 * 2006/07/05 21:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gifusunflower.blog44.fc2.com/tb.php/215-e0001102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。