アクセスランキング
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ranking…

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
基礎パッキンのない基礎
2006 / 06 / 09 ( Fri )
着工20日目:基礎工事20日目
今日の岐阜は午前中、雨だったので基礎はきっと水和反応で
強くなってくれるでしょう♪
基礎には恵みの雨♪ 


絶対に失敗しない家づくりを読んでいても、他の方のブログを見ていても
土台と床下の湿気対策として主流なのは“基礎パッキン工法”のようです。

以前書いた記事、基礎工事(床下通気口、玄関周辺) 0465さんに頂いたコメントにもありますが、
我が家を建てていただく山喜建設さんでは、基礎パッキンを使いません。
では、どうするのでしょう…

元直さんが山喜建設さんのHPで調べてくださいました。(他力本願… 汗)
ありがとうございました☆

山喜建設の土台のページです。
他に、基礎と土台の間に防湿シートを敷いて施工するメーカーはあるのか調べてみました。

結果…


ありませんでした!(汗
営業担当さんにも基礎パッキンの事を確認してみましたが、
山喜建設の土台に書いてある通りでした。
山喜建設オリジナルだそうです。
オリジナルは好きなので良いんですが…(笑

さて、この場合はどこをどうチェックすれば良いのでしょう…
”基礎と土台の間、全てに防湿シートを敷いてあるかどうか”
これくらいでいいんでしょうかねぇ…
スポンサーサイト
Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18 : 04 : 17 | [終了工事]基礎工事 | トラックバック(1) | コメント(12) | page top↑
<<第3回 進家博 | ホーム | 施主支給の洗面ボール>>
コメント
----

ほとんど基礎と土台が一体化してる状態になるんですね。
いいのかわるいのか・・・素人なんでよくわかりませんが(汗

チェック・・・あざ美さんがおっしゃる方法以外
しようが無いですね。
by: 麒麟 * 2006/06/09 19:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

昔は基礎水平に中々打てないんで基礎打ったあとモルタルでダンゴ作ってレベル出して木土台を敷いていました。
最近は溶かして流すだけで水平になるセルフレベリング材ってのを基礎打って流すんでダンゴはいりません。
湿気はかならず基礎は吸い上げますんで木土台の腐りは心配ですが
防湿シート敷きこんでるならいいでしょう。
問題は床下換気用に換気通風口がつくってあるかです。
ご確認を。
by: アル * 2006/06/09 20:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

恵みの雨ですねぇ~ (ヨカッタね

防湿シートを敷いて施工するメーカーについてですが、
私も調べて見ました
http://www.fuji-solar.co.jp/sumai/index2.html

こだわり?と言うか、実績が出ていない工法をすぐに
採用しない企業もありますよ^^
基礎パッキン工法も現時点でのシュミレーションでは
効果が実証されていますが、30年~50年後は今の
ところ誰も知りません。と言うのも、通常の建築材料
は、継続的な荷重を受けるとクリープひずみを生じ
ます。(基礎のコンクリ-トもそうです)パッキンの
劣化についての影響を考えると・・・・・
微妙です (笑

逆に換気口のある基礎の方が、沢山の実績が
有りますし、立地条件によって換気口の位置を
工夫することも出来ます。

どちらの工法にも、利点&欠点があります。
コストパフォーマンス的には私は解りませんが、
今は山喜建設さんを信じるしかないのかも・・・
私は山喜建設の社員ではありません・・・(笑

また来まぁ~す(*'-')ノシ
by: さきゅ * 2006/06/09 20:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

あざ美さんの、ブログを読むようになって、私もいろいろ気になってきたんです。
我が家の最後の分譲が、この間基礎をしてたので、見に行きました。
でも、見てもよくわからないんです^^;
う~ん、もう家は建っちゃってるんで
信じるしかないなぁって思ってます。
by: とんこ * 2006/06/09 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
--麒麟さんへ♪--

基礎と土台が一体化…
なるほど…
そうですね、そうなりますね~。

チェック方法は、やはり基礎の上に土台が来るところは
防湿シートが敷かれるかどうかですよね。
やはり、それしかないですよね~。
by: あざ美 * 2006/06/09 21:45 * URL [ 編集] | page top↑
--アルさんへ♪--

昔は基礎打つのも大変だったんですねぇ…
防湿シートを敷くのは良いんですね。
床下通気口は入ってます。
http://gifusunflower.blog44.fc2.com/blog-entry-169.html
こんな感じのものが、外周だけでなく、部屋と部屋の間も通気口が作ってありました。
アドバイス、ありがとうございます♪
by: あざ美 * 2006/06/09 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
--さきゅさんへ♪--

こんにちは♪
恵みの雨、降りました☆
良かったです~♪

防湿シートを敷いて施工するメーカー、調べてくださってありがとうございました♪
他のメーカーもあったんですね~。

>こだわり?と言うか、実績が出ていない工法をすぐに採用しない企業…
言われてみれば、山喜建設はそういう会社でした。
工務店なのに、実験棟を作って実験を重ねてからしか施工販売しないと聞いています。
(その実験棟は宿泊体験に使われています)

確かに換気口のある基礎は実績がありますね。
あざ美が以前建てた家も換気口のある基礎でした。
でも、防湿シート敷いてませんでした…(汗
(今思うと怖いですね…)

さきゅさんのコメントを拝見して山喜建設の姿勢や、山喜建設の姿勢を見て、信じられたことも思い出しました。
ありがとうございました♪

さきゅさんが山喜建設の社員だったら、片道何時間かかるんでしょう…(笑
遠すぎです(笑

by: あざ美 * 2006/06/09 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
--とんこさんへ♪--

家が建った後でも、色々点検するところはあると思います。
点検して気になるところは、メーカーさんに伝えて、直してもらいましょう~。
by: あざ美 * 2006/06/09 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
--防湿シート--

基礎パッキンも今は主流ですが、少し前まで基礎に直接土台を乗せていても、問題なく30~50年もつ場合もあると思います。施工をしっかり行ってもらえばいいのではと思ったりします。
by: 元直 * 2006/06/09 23:05 * URL [ 編集] | page top↑
--公庫の工事仕様書には--

こう書いてあります。
床下換気
外周部の基礎には有効換気面積300c㎡以上の床下換気孔を間隔4m以内ごとに設ける。
床下防湿
床下防湿措置は次のいづれかによる。ただし、べた基礎とした場合はこの限りではない。
・床下地面全体に厚さ60cm以上の防湿用のコンクリートを打設せる
・防湿フィルムを敷きつめる。

換気孔は有効な換気が行えるようバランス良く設置されているか確認してみてください。コーナー部は湿気のこもりがちなところです。
ねこ土台(基礎パッキン)のことはありましたが、防湿シートについては書いてなかったです。防湿シートを敷きこんでいれば安心ですね。
by: へりていじ * 2006/06/10 00:17 * URL [ 編集] | page top↑
--元直さんへ♪--

少し前までは、基礎に直接土台を乗せていたんですよね。
それで、オレンジとうちゃん(ダンナ様)の実家は107年家が持っていたわけですから…
施工をしっかり行ってもらえばいいんですよね☆
ありがとうございます♪
by: あざ美 * 2006/06/10 14:44 * URL [ 編集] | page top↑
--へりていじさんへ♪--

調べていただいてありがとうございます♪
有効換気面積は600c㎡の床下換気口がついています。
間隔はまた確認してみたいと思います。
(1ヶ所は10mの間に3箇所あるのは覚えてますが…)
基礎はベタ基礎になります。
バランス良く床下換気口があるかチェックしてみます☆
ありがとうございました♪
by: あざ美 * 2006/06/10 14:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gifusunflower.blog44.fc2.com/tb.php/181-66d2c9eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
土台の材種
埼玉から来ました、ネタ無し男です。こんちわ( ゚∀゚)ノィョ―ゥ着工18日目  立ち上り部養生2日目↑他の人のブログ見て真似してみる。え~と、上棟の日を間違って記憶してましたil||li _| ̄|○ il||li工程表によると、6月20日(大安)です。それにあわ.... ブーの建築徒然記【2006/06/10 00:53】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。