アクセスランキング
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ranking…

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
基礎工事(立ち上がり部分コンクリート打設)
2006 / 05 / 26 ( Fri )
着工6日目:基礎工事6日目

今日は午後から天気が怪しいため、朝8時から立ち上がり部分のコンクリート打設がありました。
現場は雨が降っていないのに、コンクリートが濡れています…
基礎工事(立ち上がりコンクリート打設)
これは、基礎の底面部分と立ち上がり部分を2回にわけて打設するため
打ち継ぎ面に散水してコンクリートの上面をぬらして、
立ち上がり部分との接着性を良くするためです。
接着性が上がること、表面のゴミなどを取り除いてくれます。

そして、ポンプ車でコンクリートを送って黒いジャバラホースから出てきます。
基礎工事(立ち上がりコンクリート打設)
写真左の棒はバイブレーターです。
コンクリートの品質を良くするため、バイブレーターを使って振動を与え
コンクリートが隅々まで行き渡るようにします。
この黒いジャバラホースとバイブレーターはセットのように、ずっと一緒に回っていきます。

その後、ちょっと離れたところから一回り小さいバイブレーターが振動を与え
さらにコンクリートが隅々まで行き渡るようにします。
基礎工事(立ち上がりコンクリート打設)

そして、コテでならしていきます。
基礎工事(立ち上がりコンクリート打設)

一番手前の太くて大きな金具はホールダウン金物です。
コンクリートを打設する前に型枠に固定されました。
基礎工事(アンカーボルト設置)
奥にずらりと並んでいる金具はアンカーボルトです。

一番左にある太いのがホールダウン金物です。
基礎工事(ホールダウン金物用アンカーボルト)

ホールダウン金物 アンカーボルト
柱と基礎をつなぐ金物(これをホールダウン金物)で、
立ち上がり部分の一番下まで入っています。
建物の中でも特に力がかかる柱に取りつけられます。
普通のアンカーボルトより太いです。
土台と基礎をつなぐ金物(これをアンカーボルト)は、
地震で建物が揺れた時に、建物が基礎から浮き上がったり、外れたりしないようにします。
在来工法とツーバイフォー工法では、アンカーボルトの必要な位置が違います。

山喜建設は、アンカーボルトは”手植え”や”田植え”と言われる
(コンクリートを流し込んで固まるまでの間に手で入れていく)方法で
基礎屋さんの現場責任者さんが図面を確認しながら行います。
ホールダウン金物は現場監督さんが図面を確認しながら型枠に固定して行います。
アンカーボルトは下まで入っているわけではないので、
コンクリートを打設する時にどうしてもずれたり、傾いたりするからだそうです。
”手植え””田植え”と言われる方法の時は、アンカーボルトの高さが揃っているかチェックしましょう。

アンカーボルトとアンカーボルトの間に木用ネジが入れられています。
基礎工事(立ち上がりコンクリート打設)
その木用ネジの高さをレベルで測って全て同じ高さにします。

基礎工事(立ち上がりコンクリート打設)
この木用ネジはこのまま埋められます…
『何のために埋められるんですか?』
『見てるとわかるから、写真撮る用意して待ってるんだよ~。
このネジが大事な役目を果たすでね』

『はい、待ちます』

『レベラーの用意して!』
基礎工事(レベラー作り)
これが基礎の天板の仕上げ材でレベラーと言われるものです。

レベラーを流し込んでいきます。
基礎工事(レベラー施工)

流し込むとこんな感じです。
基礎工事(レベラー施工後)
先ほどの木用ネジです。
この木用ネジがレベラーの高さの目印になるのです。
そうすることによって、基礎の高さが綺麗に揃うわけです。
そのために、基礎屋さんは木用ネジ1本1本をレベルで測って高さを合わせるわけです。

作業終了後、コンクリートやレベラーが乾かない間に雨が降るといけないので、
通風透湿シートをかぶせた後に、ブルーシートをかぶせて終了。
基礎工事(コンクリート養生中)

コンクリートは打設後72時間以上養生します。
月曜か火曜に型枠をはずす予定です。
スポンサーサイト
Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

16 : 02 : 15 | [終了工事]基礎工事 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<クリナップ | ホーム | 基礎工事(型枠工事)>>
コメント
----

私も最初このネジの意味わかりませんでした。
天端仕上げ用だったんですよね。

なんか読んでて自分の家のことかと
思うくらい作業が似てました。

あざ美邸が養生中にまた進行状況を
引き離さないとw
by: 麒麟 * 2006/05/26 21:29 * URL [ 編集] | page top↑
--監督様~--

業者さん、丁寧にお仕事されているようですね。
これも、あざ美現場監督のご指導の(?)賜ですね。
基礎工事の後は、土台、建て方、と徐々に木工事の分野に入っていき、木材の継ぎ方や金物の使用箇所・方法など少し専門性が強くなってきますね。
どんな大工さんか、ちょっと楽しみですね。
by: Arch * 2006/05/26 23:46 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2006/05/27 00:42 * [ 編集] | page top↑
--麒麟さんへ♪--

このネジ、木用ネジと箱に書かれていたので木に使うんじゃないの??なんて思ってみてました(笑
天板仕上げの目印だったんですね~。
この目印が1つ1つ同じ高さにしてあると、土台の木を乗せた時にピタッと納まるそうで、すごい大事だったんだなぁ~と思いました。

麒麟さんも立ち上がり部分のコンクリート打設に立ち会われたんですね~。
我が家が養生中に引き離されるんですね… しくしく…(笑
by: あざ美 * 2006/05/27 08:32 * URL [ 編集] | page top↑
--Archさんへ♪--

Archさんに丁寧にお仕事されていると言っていただけると、安心ですね♪
最近は現場責任者の方に、『ここは大事なところだから、写真撮るんだよ~』と教えていただいてます(笑
レベラーの時は帰ろうとしたら、『もうすぐ写真撮るところだから、帰らずに待ってるといいよ』なんて…(笑

ここから先は、土台、建て方と専門的すぎて分からないんですよね…
大工さんもどんな方なのか分からないので、ドキドキです。
by: あざ美 * 2006/05/27 08:38 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

毎日、楽しく拝見させていただいてます。
着々完成に近づいてるみたいで、毎日拝見させていただくのが1日の日課みたいになっています。
写真で色々載せているので、一応
私も建築業界の人間なので非常に勉強になる部分が多いです。
今後も、写真での報告を楽しみに拝見させていただきます。

ご迷惑でなければ相互リンクさせていたがきたいのですが
よろしくお願いします。
by: Kaisei * 2006/05/28 01:30 * URL [ 編集] | page top↑
--Kaiseiさんへ♪--

初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます☆

遊びに来てくださることが日課とは大変嬉しいです♪
建築業界の方に勉強になることが
書いてあるんでしょうか(笑
なるべく写真も載せた記事を書いていきますね。

相互リンクの件、ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
by: あざ美 * 2006/05/28 12:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gifusunflower.blog44.fc2.com/tb.php/165-e8c43e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。