アクセスランキング
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ranking…

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
東濃檜
2006 / 04 / 30 ( Sun )
日本には秋田杉、吉野杉、北山杉、木曽檜という銘木があります。
同じ杉や檜でも、これらはなぜ銘木と言われるようになったのでしょう?

樹木は種類によって、生育に適した環境があります。
自然の条件に恵まれて(恵まれるというと良い環境と思い勝ちですが、木にとって厳しい環境のほうが人間には恵まれたということでしょうか…)
産地が作り出したといってもいい銘木が秋田杉、吉野杉、北山杉、木曽檜なのです。
屋久杉や伊豆七島の桑などは、温暖な地方に育ったのですが、雨が多く、風が強いことが育てた銘木といわれています。
とりわけ、秋田杉、吉野杉、木曽檜は日本三大美林としてもてはやされています。

秋田杉、吉野杉
筋がなく通直で、目が細かく、年輪は均一で、特有の淡紅色をおび、優美な色と香り
杉
(この写真は秋田杉、吉野杉のような銘木ではありません。たぶん岐阜産かな…)

木曽檜
4寸の柱を採取するまで90年、100年という贅沢な時間をかけ育つため、心地よい香気を放つ、細かく美しい木目を持つ
耐久性と強度に優れ、加工も容易で狂いも少ないことから、世界でも指折りの優れた建材

木曽檜には天然と植林されたものがあります。

天然木曽檜
700~800年成長するといわれている。
300~350年のものが主体。
400年前は戦国時代で、大阪城の大黒柱など豊臣秀吉ら戦国武将の私有財産であるお城の材料として、切り尽くされたため400年以上の木がない。
木一本首一つ:
遠く平安時代から、すぐれた建築材として知られていた木曽檜。とくに豊臣秀吉は、木曽谷を直轄領にして、木曽檜を築城などに利用しました。江戸時代には各地で城下町が繁栄し、木曽の山々から大量の檜が切り出されるようになり、木曽の山々は大変に荒れ、木曽檜も少なくなりました。そこで、木曽の山を管理していた尾張藩は「木一本、首一つ」という厳しいおふれを出して、木曽の檜を守りはじめました。その甲斐あって、今日の木曽檜の山々が蘇りました。明治時代から、木曽檜の山々の大部分が「御料林」と呼ばれる皇室の財産となり、戦後は国有林として厳重に管理されています。


木曽檜
天然木曽檜から種を取り人工林の木曽檜の苗を作り、明治の先人が背中に苗木を背負って山へ植えました。
その非常に優れた耐久性と強度を受け継ぐ木が現在80年~90年の木曽檜となり住宅建材に使われています。

東濃檜(木曽東濃檜)
世界的に有名な銘柄材である木曾檜の種を採取し、苗畑で育成苗木を植林し、岐阜県東部、東濃地域と呼ばれる木曽川・飛騨川流域から産出される東濃檜となり住宅建材に使われています。
東濃地域は一般的に痩せ地で、年間降水量が少なく、気温の寒暖差が大きい、気候条件の厳しい土地です。そこで育った檜は、年輪が緻密で狂いが少なく、強度に優れ建築用材に最も適した木材です。
檜
(この写真は東濃檜です。すごく目が細かいですよね。)

現在の木曽檜、東濃檜は天然木曽檜の子供なのです。
そして、自然の条件に恵まれて産地が作り出した銘木となりました。

檜の耐久年数は以下のように言われています。
天然木曽檜   400年×3倍=1,200年
木曽檜・東濃檜  80年×3倍=240年
他産地       20年×3倍=60年  

(檜の性質については、以前書いた記事、”土台に適した木材”をご覧下さいね。)

そのため、芸能人やお金持ちの方は遠方からわざわざ木曽檜や東濃檜を求められるそうです。
そうすると、運送費がかかるため当然、お値段も高くなります…
岐阜や長野近県で建てる方は、関東で木曽檜や東濃檜を使ったお家の6割ほどのお値段で同じお家を建てることが出来るそうです。

東濃檜使用を前面に出しているハウスメーカーさんは、あざ美が周った中では新和建設さん、三和木さん、東日本ハウスさんですが、実は山喜建設さんもそうでした。
檜
ちゃんと東濃桧の心材を使用。
Ranking…

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

14 : 27 : 12 | [メーカー選びの前に]木について | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
花梨の家
2006 / 04 / 05 ( Wed )
以前、山喜建設の工場見学に行った際に社長さんから『花梨の家』についてお話を伺いました。

花梨という木は床材でも書いたように東南アジアなどの熱帯地方で採れるとても堅い木で銘木としても有名です。(チークも同じように熱帯地方で採れる銘木ですね)

とても堅い=耐久性に優れているので家具や、床柱、壁、無垢フローリングに使われたりします。
家具や、床柱などに使われている程度ならいいのですが、壁、無垢フローリングに使われていると、夏はひんやりとして気持ち良いけれど、冬にはとても寒い思いをすることになります。
熱帯地方で採れる木は熱帯地方で住んでいる人に向いている木なのです。
(他の木については床材に書いてありますので、よろしかったらご覧くださいね)
『花梨で覆われた家に入るとわかりますよ』

ということで、探してオレンジとうちゃんと行ってきました!
実際、「花梨の家」はあるんですねぇ…
夏の暑い日なのに、中はとてもひんやりとして涼しい~です。
『クーラーついてないよねぇ…』
『ついてないね…』
『ひんやりして気持ちいい涼しさだね』
『うん。でも、冬は寒いんだろうね…』
『だろうね…』
『この床の色って、俺の実家のキッチンと同じじゃない?』
『ほんとだ…』

冬になり、年末に義父がキッチンの床にワックスをかけていました。
その際に確認すると、花梨の床でした…
納得…

冬のオレンジとうちゃんの実家のキッチンを言いますと…
足の底から冷えてきます…
ガスを使ってストーブをつけていても寒いです…
靴下・スリッパが必須です…
スカートでは寒くて無理です…

調べてみると、そのハウスメーカーさんだけでなく色々なメーカーさんから出ているので、一度体験してみてはいかがでしょう。


Ranking…

15 : 50 : 40 | [メーカー選びの前に]木について | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
床材
2006 / 03 / 01 ( Wed )
最近は、床に無垢のフローリングを使う家が増えてきました。
無垢のフローリングは、広葉樹では、ナラ・桜・カエデが主流です。

広葉樹は傷がつきにくく、磨耗が少ないのと
木目の鮮やかさ
が特徴です。

針葉樹では桧・杉・から松などのフローリングがありますが、
針葉樹は柔らかいため傷がつきやすいのと
柔らかいから足触りの気持ちの良さ
が特徴です。

他に、東南アジアで採れる花梨、チークなどがあります。
とても堅い木で、花梨は銘木としても高級な木材です。
花梨などの堅い木は、裸足になってフローリングにいると
体温を奪ってくれて、ひんやりとします。

逆に、寒いところで育った桧や杉などのフローリングにいると
熱を返してくれてじんわりと足の裏が温かくなります。

無垢のフローリングは、木の持つ調湿性が極めて高いので、
その調湿性を損なわないためにも、また、木の呼吸を妨げないためにも
自然ワックスを使うといいと思います。

自然ワックスで仕上げたフローリングの上を裸足で歩くと、足の裏が
サラサラしていて気持ちがいいものです。
無垢のフローリングが足の裏の汗を吸いこんでいるために感じられる
気持ち良さなのです。


また、ウレタン塗装で仕上げた無垢のフローリングは水に強いですが、
木は呼吸をできなくなります。
物を落として傷がついてもなおりません…

自然ワックスで仕上げた無垢のフローリングは水には弱いですが、
木は呼吸をしています。
なので、室内の湿気をコントロールしてくれます。
また、物を落としたら凹んだ所に水をヒタヒタにして
アイロンをあててください。
すると、元通りまではいかなくても木が盛り上がってきて
目立たなくなります。

自然ワックスには蜜蝋ワックス、オスモ、リボスなど色々あります。
建てていただくメーカーさんに聞いてみるのはいかがでしょうか。

自然ワックスは、食べても(美味しくないですが)害はないので
小さなお子さんでもワックスかけられます。


Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 40 : 48 | [メーカー選びの前に]木について | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
素材による対策
2006 / 03 / 01 ( Wed )
通風を利用して構造材を常に乾燥しておくことは、防腐・防蟻として有効ですが、
構造材に耐腐朽性・耐蟻性の高い木材を使用することも大切だと思います。
耐腐朽性・耐蟻性は木の種類によって違いがあることが分かっています。

主な木材の耐腐朽性(芯材に限る)


極大
チーク


桧、ヒバ、イチイ、コウヤマキ、ケヤキ、栗、米ヒバ、米杉、マホガニー


杉、唐松、あすなろ、かつら、クヌギ、ベイマツ、ホワイトオーク


赤松、黒マツ、もみ、ぶな、ヒッコリー

極小
えぞまつ、とどまつ、くすのき、ベイモミ


白蟻による耐蟻性評価


極大
ベイマツ、チーク、桧





ラジアータパイン(中密度圧縮合板:MDF)


カメレレ(合板)

極小
とどまつ、ベイツガ、べいまつ、ホワイトウッド、ラジアータパイン(合板)、
アスベン(オリエンティッド・ストランド・ボード:OSB)

この結果から見ても、前に土台に適した木材で書いたように構造材には芯材の桧がいいと思います。

Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

12 : 20 : 03 | [メーカー選びの前に]木について | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
土台に適した木材
2006 / 02 / 27 ( Mon )
家を支える土台には、昔は栗の木がよく使われていました。
栗の木は、他の木材に比べとても堅く、しっかりと家の荷重を
支えることができるため土台として利用されてきました。
昔は、山には多くの栗の木が自生していましたが、
現在では数も少なくなり希少な材料となりました。

土台に適した木材としては、栗の木のように堅い木であることが大切ですが、
まず水に強く腐りにくいことが不可欠です。
その点、米ヒバ材は木に脂分が多いため
水に強く、ヒバ独特の匂いがあります。
この匂いがシロアリや木材腐朽菌を寄せ付けない効果を発揮します。

このほか、槙の木も最適です。
槙の木は、長良川の鵜飼船の材料にもされるほど、大変水に強く腐りにくい
材料です。
しかし、栗の木同様 自生した木しかないため希少な材料です。

桧は強度の持久性があります。
伐採後の桧は大気中に長く置かれることで、細胞内のブドウ糖分子が
結晶化して伐採後200年程度は強度が増加する性質があります。
その後、強度は徐々に低下するものの伐採直後の桧と800年経過した桧を
比べると、曲げに対する強度でほぼ同等、圧縮に対する強度では
20%程度アップする傾向があります。
つまり、桧は余裕で1000年の間建物を支えつづけることができる材料
です。
このことは、1300年の時を超えて、法隆寺が存在することで証明されています。

住宅を建てるときは一般的に耐腐朽性・耐蟻性を確保するために
土台や土台から1m部分までの柱に薬剤処理をすることが求められますが、
耐腐朽性・耐蟻性が高いと認められている桧等を使用した場合に限って、薬剤処理を省くことも認められています。

では、どんな桧が薬剤処理を省くことが認められているのでしょう…

それは、耐腐朽性・耐蟻性がある芯材と呼ばれる部分(年輪の真中=芯が中心にある)です。
辺材と呼ばれる部分(年輪の真中=芯がないもの)は耐腐朽性・耐蟻性に乏しいという事実です。
このようなことから、土台及び建物を支える柱は芯材の桧が望ましいのです。

Ranking…

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

08 : 26 : 03 | [メーカー選びの前に]木について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。